ここから本文です

自転車界のインテル、「シマノ」高収益の秘密
https://toyokeizai.net/articles/-/162292

スポーツ自転車向け部品でシマノは85%程度の世界シェアを握る。変速機付き自転車でも約7割。自転車産業に詳しい慶應義塾大学の駒形哲哉教授は、「(自転車文化が根付いている)欧州では高価格の自転車が売れるため、シマノのプレゼンスが高い。普及価格帯でも日米欧で売られる自転車のほぼすべてにシマノ製品が使われている」と分析する。自転車の中枢部品を一手に担うことから、「自転車界のインテル」の異名を持つ。

子会社に歯車を作っている岡本工機がある。
岡本工機の品質方針
「誇りを持って歯車作りに精励する」
1.音、振動ゼロの歯車造りを目指す
2.製造技術を向上させ強い企業体質をつくる
3.歯車シェアトップの企業を目指す
岡本工機は、何よりも音にこだわった高精度、高品質の歯車造りを目指しています。

歯車の高精度、高品質が最終製品の性能にかかわってくる。高度な研削加工により付加価値の高い歯車を作ってシマノのような会社になってもらたい。