IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

先程の続きです。
さて、今年は? それこそが問題です。
今年度はかなりの赤字からいかにして回復するかです。
1月下旬にでた3Q短信では、はっきりした動きとは言えないまでも回復の兆しがあるようにも感じます。
ただし、それはまだわずかな光明なので4Qを見なければ何とも言えません。
今年の株価は1月下旬から急激に上げ2月15日に3005円をつけました。
この材料に、この上げは急すぎて警戒感を持たざるを得ません。
それに3000円は過去2013、14、15年と3度跳ね返されていて、上抵抗値となっている可能性があります。
そこでさすらいの配当ハンターとしてはもう少し様子を見ることします。
繰り返しになりますが、これから上げるかは4Q次第でしょう。