ここから本文です

 成長株投資の醍醐味は業績が拡大していく会社
に投資して、長きに渡りその株価上昇を享受する
ところにあります。1979年10月に東証2部に上場
した 8183セブンイレブンジャパンの株は、日本の
高度成長期終焉以降に上場した代表的な成長株
でした。
上場後初値は1800円。当時は1000株単位の
売買だったので、最低でも180万必要でした
あの時乗ってた車、ソアラ2000GT(320万)
買った車は毎年査定が確実に下がりますが
車を買わずに、セブンイレブンの株を買っていたら・・・・
10年で50台、20年で300台新車が買えてた
(1999年のITバブル時の高値)
しかも配当金だけでも数台買えましたね
上場時初値で買っていれば、そして売らずに
ずっと持っていられたら・・・の話です。

8183 セブンイレブンジャパン
1979年  10月(公募380万株 1300円 初値1800円)
1980年  3月 2割無償    1.2倍
1981年  3月 2割無償     1.44倍
1982年  3月 2割無償     1.72倍
1983年  8月 10割無償   3.45倍
1984年  4月 1割無償    3.8倍
1986年  4月 5割無償    5.7倍
1988年  4月 2割無償    6.8倍 
1989年  4月 2割無償    8.2倍
1990年  4月 2割無償    9.8倍
1991年  4月 2割無償   11.8倍
1992年  4月 1割無償   13.0倍
1993年  4月 1割無償   14.3倍
1994年  4月 1割無償   15.7倍
1995年  4月 1割無償   17.3倍
1996年  4月 1割無償   19.0倍
1999年  4月 株式2分割  38.0倍

1984年の2月に、店舗数2000店達成!!
この2000店達成時、株価は初値の4倍
株数は無償により3.8倍だったので、
初値の約15倍になりました

インパクトホールディングスはまだまだ初動
5年後2000店舗でどうなっているのか
余剰資金なので、持ってるのを忘れて
見守りたいと思います。