ここから本文です

今後も株価は当たり前に上下するが

インド関連銘柄として

何度も何度でも買い物色されるだろう

インドは2050年まで伸び代がある

それがすべての答えだ