ここから本文です

ここは国策に積極的に取り組んでおり、業績も好調ですね。

①受託契約の見直しが功を奏し、1Qの売上営業損益率が0.4→7.5%と大幅に改善
 (四季報のコメントから状況は一変)
②今期は約13億円の補助金を見込んでおり、2Q以降も約11億円が営業利益に計上予定
 (1Qの短信にも「補助金の増額等もあり」との記載)
③選挙結果がどちらに転んでも、待機児童問題解消のため企業内託児所の設置が促進
 (企業は人材確保策として導入に前向き)

このペースで行けば、通期EPSは250円に届くかもと妄想しています。