ここから本文です

統一地方選が終わったが、ここの主要地盤の川崎市で「保育需要を満たすため国の財政支援拡充」を公約にした小田りえ子が当確したようだ。

http://www.townnews.co.jp/0207/2015/02/27/273238.html
http://ishin-kanagawa.jp/kouhosha_1.html

さいきんは経団連も、少子化対策に力を注ぐべきとの要望を送っており、国は資金援助するしかなくなる。

サクセスHDがこれからするべきことは先行投資を縮小することだ。自力で先行投資をする余力がないことをアピールする方が、国から資金援助を受けやすくなるしな。先行投資の重みでこれだけ株式が苦戦しているなら理由になるであろう?

国策にも関わらずアベノミクスに乘れず、JASDAQ→東証二部→東証一部と上場場所が格上げされるほど、株価が下がるとは異常な動き。先行投資で減益しているだけで業績も対して悪くないにも関わらず、株価が停滞し続けて評判も落ち、社員のモチベーションが下がり、新入社員も取りづらくなる。四季報に書かれた保育士不足は、株安による企業への不安が原因なのではないか?

先行投資を縮小し株主重視に方針を切り替えよ。これ以上停滞を続ける気なら、さっさとMBOなりTOBなりして上場廃止せよ。放置しておくと沢山の人が不幸になるだけだ。ジェイコムHDに買収された方が未来の為になるに違いない。