IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

会社四季報はすごく貴重な情報ソースですけど、使い方を覚えないと行けません。まず、紙媒体で三ヶ月に一度しか発行されないので情報にタイムラグがあります。情報はすでに株価に織り込まれていることが多い。なので四季報の総楽観は売り、総悲観は買いです。あとは変化の兆しを見るべきです。今回の株主対話重視みたいなコメントはいいコメントだと思います。EAJもっと対話を増やすべき。