ここから本文です


http://www.nikkei.com/article/DGXLASGC14H13_V10C15A1SHA000/?nbm=DGXLASGD19HDF_Z10C15A1EN1000


 「出漁回数を増やせるかもしれんね」。本州最北端の大間漁港(青森県)。15日、はえ縄マグロ漁の名手として知られた竹内薫(64)は明るい口調だった。
 きっかけは漁業コストの3割を占める燃油価格が1年前と比べ3割下がったことだ。燃油が高かった昨冬、竹内らは出漁数を減らし「遠い漁場ならもっと捕れると思っても採算割れするからとあきらめたことも多かった」。燃油安が続けばマグロの水揚げも増える。約750人の「大間の漁師も活気づく」。竹内は好機到来を実感する。