ここから本文です

5G、再生可能エネルギー・水素プロジェクトをはじめとする地球温暖化対策が市場の関心を集めているが、もう一つ隠れた焦点は、コーポレートガバナンス・コードシップ・M&Aであるのは疑いもない事実。

●押し寄せるアクティビスト
12月5日の日本経済新聞9面スクランブル
『物言う株主指摘前に対策を、ゴールドマンのアクティビスト担当、米ファンド日本に食指』

●週間ダイヤモンド12月7日号のアクティビストに狙われる369企業
タクマは84位、日阪は8位、因幡電産は239位である。
三社の共通点は、時価発行額が会社資産に比し極めて少ない、株主還元が弱い(自社の株価に無頓着)、これからの世界の潮流に乗る製品を供給しているの3点。