IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です


同社のように多品種少量生産の会社がトヨタの米国等の新車増産体制の中で新しい部品供給に当たってジャストインタイムの責任を果たすために生産に混乱を来し仕損じ品の発生や残業増による労務費増、緊急輸送による輸送費増等一時的なコスト増が発生することはよくあること。
生産ラインが軌道に乗ればこんな問題は一挙に解決する。中計が若干ずれることなど普通のこと。
日産その他の系列部品会社が大きく売り上げを落としている様な外部環境の中で同社は健闘していると思う。