IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

目先の数字しか見えず、会社に不安があるなら早々に処分された方が、精神衛生上もよろしいと思うが……。
同社のように多品種少量生産の会社がトヨタの米国等の新車増産体制の中で新しい部品供給に当たってジャストインタイムの責任を果たすために生産に混乱を来し、一時的なコスト増が発生することはよくあること。
日産その他の系列部品会社が大きく売り上げを落としている様な外部環境の中で同社は健闘していると思う。