IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です


まあ、そんなしょうもない下らん話はどうでもええけどな

1500円ホルダー認知症の【昔からの不安定】ジジイはきょうも

寝言泣き言を言っておるのか、あほらしいから読んでへんけと゛な

知らんけど。

今月13日、作家の久木綾子さんが100歳の大往生を遂げた。

『見残しの塔』(文春文庫)で平成20年にデビューを果たしたとき、

すでに89歳の卒寿を迎えていた。山口市、瑠璃光寺の五重の塔を建てた

人たちを書いてみたいとの作品である。 「最後に心に残るのは

ひとりひとりの誠実さである、誇り高くも慎ましく生きた日本人の

群像である」と桜井よし子氏が解説している。(産経新聞)

業績回復と復配を祈りましょう。