ここから本文です

3月20日発表の事業の現状、今後の展開等についてから一部抜粋

LPガスバルク貯槽については、販売開始から 20 年を経過したことに伴う更新(注
1)が来年度以降本格化することで、更新需要の増加に対応した生産体制の整備、及び営業活動の推進によって売上拡大につなげるとともに、LPガス容器への転換需要も確保します。
(注 1)LPガスバルク貯槽によるLPガス供給方式は、平成 9 年の液化石油ガス法の改正に伴い、平成 11 年以降急速に普及しました。
LPガスバルク貯槽は、製造後 20 年以内に検査し、その後 5 年毎の再検査が義務つけられています。
その際に 20 年以上の使用は、技術的、経済的理由により回避されると予想され、殆どが更新されるか、LPガス容器供給方式に転換される見込みであります。


①LPガスバルク貯槽は、販売開始から 20 年を経過したことに伴う更新が来年度以降本格化→②更新需要の増加→③LPガス容器供給方式に転換される見込み