IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

【川田と川岸】

ほとんど同じ業態で株価やEPSの水準も川岸が川田の10分の1と考えればあまり変わらないのに、単に川田が今回が中間期決算で11日に増額修正・配当増額修正をして12日にストップ高。対して川岸は9月期決算に当たり、例による期初の過少な決算見通しや減配予想で14日の株価はどう反応するか?

ここで注目すべきは、川岸の業績は3月下旬の大幅上方修正でほぼ前期の業績修正、株価修正を織り込んでしまったこと。(結局3月に1回ストップ高をしただけで、株価水準はほとんど変化なし)

鉄骨の比率が大きく、受注もあまり変わらないこの2社の業績が今後大きくかい離するとは考えにくく、川岸の今期の業績も最終的に前期並みを確保するとみたい。