ここから本文です

>>607

今後の材料的には
・10月に発生した台風被害の橋復旧需要
・来月辺りから本格化する補正予算編成→予算執行(国土強靭化)
・大阪万博前までの大阪再開発需要
・大阪IRが決定するか?(追加の大阪再開発発生?)
・東京五輪後の東京再開発案件

下期は台風被害の橋復旧や予算前倒し執行などで、どこまで挽回できるのか?
足元が業績や受注のボトムであるか否か?
来期は今期より更に悪いか否か?

ちなみに配当予想は据え置き。
上記辺りを踏まえて、この先の株価動向が決まるといった所かな。