ここから本文です

>>585

一方、今回の台風に関して、「台風 橋 崩落」でツイッターやグーグルで検索してみると、
・上田電鉄別所線の橋きゃく、一部崩落 上田市
・甲州街道の橋、崩落の恐れ
・東京・日野橋で道路陥没、橋崩落の恐れ
・唯一の橋が崩落し孤立 不通の鉄道橋を緊急利用 福島 矢祭町
・長野県東御市の田中橋崩落で車3台が転落、行方不明者も
をはじめとして、多くの橋の崩落や被害が発生している様子。

こういった報道を目の当たりにすると、「駒井は4月22日のIRに『2018年9月に発生した台風21号により、大きな被害を受けた関西国際空港連絡橋損傷に伴う災害復旧作業に対して、西日本高速道路株式会社関西支社より感謝状をいただきました』とある様に、最近も台風に伴う橋損傷の早期復旧実績もあるし、足元の受注残が少なかったりするのが逆に橋復旧需要を取り込みやすいんじゃないか?」「補正予算で国土強靭化を組みやすいし、堤防だけでなく橋復旧も社会生活に不可欠では?」と自分は考えてしまい、終わった中間期までの業績どうこうよりも、ついつい先行きに頭が行ってしまう。。。