ここから本文です

株主の皆様には大変ご迷 惑をおかけいたしましたが、この数年間、抜本的な事業構造改革を実行するとともに注力製品 の開発・拡販や原価低減策を推進すること等により復配の財源確保に努めてまいりました。こ れらの取り組みにより損益改善及び財務体質の改善が図れたこと並びにA種優先株式につい て平成 27 年3月 26 日に自己株式として取得し消却が完了したこと等を勘案した結果、復配の 目途がついたものと判断し、1 株当たり 20 円の期末配当を実施することといたしました。