ここから本文です
572

fui***** 強く買いたい 10月18日 09:41

再生可能エネルギーが送電線の空き不足でつなげない問題が広がっている。東京電力ホールディングスの管内では茨城県で空きがなくなり、同社は工事費約300億円を投じて送電網の増強を検討している。ただ工期は約10年を見込み、新たに発電事業を行うには長期間、工事の完成を待つ必要がある。東北などでも送電網の空き不足が生じており、再生エネ普及の足かせになっている。
「茨城県で発電所の建設を計画して・・・

再び電線が売れる時代到来か。