ここから本文です

発行済み株式2300万株程度の超小型株。このうち浮動株は推して知るべき。したがって、仕手筋が手掛けるにしても他の銘柄との比較で資金力はさほどいらない。人知れずこつこつ集めてきた株が噴き上がるには「きっかけやタイミング」が必要です。その意味からも企業価値に関する「IRやニュース」が会社から発信されることが、どんな場合にも必要です。