ここから本文です

配当性向15%でも安過ぎる件。どなたの提案か存じませんが100歩譲っている感があります。それに反対する取締役会って・・・。あれ?今回選任される取締役って自社の株ほとんど保有して無い(木本さんが500株保有しているだけで他は0)じゃんどうりで・・・。ここまでくると株主を馬鹿にしている感じさえする。上場企業でこんなに自社の株を保有している役員の割合が低い会社他にあるのか?

  • >>775

    4年連続して利益を上げている(もっとも4年前のは合併による利益なので微妙ですが)のでいい加減増やしても良いのではなかろうかと思いました。
    そもそも現親会社に買収される前はきちんと配当を出していたのですよね。
    親子上場でこの低廉な配当は完全に親会社の意向ですし(単独で50%保有しているのでどうとでもなる)、これで親会社が配当を上げることをせず、株価も上げず、そのうち2015年と同様の評価法で子会社化する可能性があると思うとやりきれなくて。
    15%は、せめて親会社と同じ配当性向なら経営陣の理解が得られ、少しだけでも上げてもらえないだろうか(一応、本文以外に、真摯な取り組みがある場合提案を取り下げる用意があると書きました)と思いましたが、思いは通じなかったようです。