ここから本文です
441

zmaxis 様子見 6月26日 22:41

 G20を控えて、米中協議後にアサカの株価がどうなるか、
予想してみたい。


 まず、一番可能性が高いのは、

 米中、通商協議再開、関税発動延期のパターン。
近平・トランプともに内部の抵抗勢力や香港・イラン
情勢のこともあり、現在、実は米中貿易戦争に双方
強気になれないところがある。

 ここは一旦休戦(期間は北戴河会議が終わる2~3か月
くらいではなかろうか)と見る。

 ただし、この場合、中国は見返りにアメリカに何かを
供与しなければならないが、北朝鮮の非核化に協力では
無いかと予想している。この場合、株価はあまり動かない
だろう。


 次に、中国が大幅譲歩し、当初の150ページ合意
文書案に対して、段階的に協議に応じる姿勢を見せる
パターン。

 この場合、どこかで中国は必ず合意を破ってくるのが
見え見えなので、考えづらいが、株価は一旦は1400円
くらいまで調整するのではないか?但し、万が一にも
中国完全譲歩でキンペー・トランプが笑顔で抱き合いでも
したら、アサカのS安は避けられない筈だ(笑)。



 さて、最後に協議決裂で合意に至らず、共同宣言無し、
協議後トランプがファイナルストライク(関税第4弾
3250億円)発動した場合だ。これはもう、乗るしかない
このビッグウェーブに…だろう(尚、中国が協議を
ドタキャンした場合もこれにあてはまる)。

 とにかく週末のG20からは目が離せないな。



※今週末は時間が出来たら、バーチャレクスの掲示板にでも
今回発表の「進化計算ダーウィン」について、誰も論じて
無い内容を投資家視点では無く、エンジニア視点から
論じてみたい(俺の中では既に結論が出てるんでな)。