IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

事業内容を考えると大平洋金属にぼろ負けしている時価総額に納得できないものがある。
赤字でもたいして売り込まれない大平洋と比べてここは反応が大きいのも特徴。