IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

PER、PBR、利回りを基準に株価を見ていると、どうみても安すぎる銘柄がさらに下落し、どうみても高すぎる銘柄が更に上昇することが頻繁に起こる。東京鐵鋼も前者の好例である。株は難しい。