ここから本文です


神鋼環境ソリューション、福井の木質バイオマス稼働


 【福井】神戸製鋼グループの神鋼環境ソリューションが中心となって福井県大野市に建設していた木質バイオマス発電施設が完成し、営業運転を始めた。出力は7000キロワットで、原木の受け入れ・貯木からチップ化、発電までの一貫工程が特徴だ。林業再生や地域振興などにつなげる。
 同施設は同社のゴミ発電施設のノウハウを応用したもので、同社や出光興産、九頭竜森林組合などが出資する福井グリーンパワー(大野市)が運営。チップ化した原料を投入し、ボイラーで燃焼させて高温高圧の蒸気を発生させる仕組み。県内の間伐材を中心に年7万~8万トンの木材を集めて燃料にする。
 投資額は約40億円。年間発電量は5000万キロワット時で、一般家庭1万5000世帯分に相当。年12億円の売電収入を見込む。