ここから本文です

「今が底値、上昇するのみ」と信じて投資した。今後は、
➀生産管理で失敗しないこと。
➁アラミドとの併合製品等開発に注力し、軽量で弾力性のある製品を実現させること。お天道様・神戸製鋼所様ご期待申し上げます。