ここから本文です

この新サービスでは経路情報を収集・蓄積可能な「ETC 2.0」とITSスポットにより、渋滞、事故等の状況に応じて賢く経路選択を行うドライバーに対する優遇措置が可能となり、その一環として今年4月には圏央道にETC 2.0搭載車限定の初の割引が導入される。この割引制度では、首都圏において圏央道を利用して都内に入らないようなルートを取ったときなどに約2割引きとなるサービス。これにより都内への自動車通行量を緩和させる狙いがあるが、今後は他の地域でも同様の割引制度が導入される可能性も高い