ここから本文です

不正の責任を工場などの現場に押し付けているというより、
品質管理部門や経営者の目が届かない状態になっている現場、
もっと言えば放置状態になっている現場を品質管理部門や経営者が
知っていたにも関わらず、なにも対策を講じて来なかった、
または、出来ないほど現場との距離が離れていた。
いずにせよ、現場に責任を押し付けても、社内に亀裂があることを
衆目にさらすだけだろう。対外的に責任を取るのは経営者。
もう、こうなったからには、すべてをさらけ出し、新生神戸製鋼
になるしかないでしょう。グローバル化に乗り遅れた汚名返上は
スピードが必要。グローバル化にはそれも要求される。