ここから本文です

米国司法省がどう出るかだけがポイントだ。国内の損失は高が知れている。ぼったくのアメリカは日本の感覚では理解不能であろう。無罪放免の可能性は0に近い。安全性が最優先のボーイングに売り込んだのだ。不正の数字を添えてだ。司法取引で和解成立となろう。100億円か3000億円かわからん。半年以内に結論は出よう。買いは危険。