ここから本文です

まだ、詐欺、詐欺という方がおられるようですが、
詐欺罪が成立するには相手方をだまそうとする意思表示が
必要です。
神鋼の現場検査員が相手先顧客をだまそうという意思をもって
勝手にデータを検査結果書に記入したというのでしょうか?
同じ品質仕様で同じ工程を経てアルミ板材なり鉄材なりが毎日のように、
最終の検査工程にやって来る現状において、検査工程の
前工程において異常が発見されず、既に検査済みのものに
品質上問題がなかったということであれば、顧客への納期を
考え、検査作業における経験値を検査結果書に書き込むという
行為はありうることと思われます。
これは現場検査作業の習慣とも言えるもので、これによって
発生する顧客からの品質クレームが本来の検査作業を行う場合
と件数、程度ともに同等以下であったからこそ、これまで問題視
されなかったのではないのですか?今も特別問題がないようですが、
別に、正当化するわけではありませんが、
どこまでも犯罪性を認めたい方がおられるようなので。
社長は自動検査機を導入されるとのことで改善は時間の問題ですがね。