ここから本文です

元来、世界の鉄鋼業は後進国や発展途上国が「鉄は国家なり」で発展してきた。
先進国になった日本は英国米国の鉄鋼業が衰退したと同様の終焉を迎えるのだろうか?
そうならないように、韓国、中国、インドが真似できない技術で高品質高付加価値鉄鋼製品を生産してきた。なのに現状株価はどう見ても低すぎる。
他社株の持ち合い解消で得た資金で多量の自社株を購入し株価を上げる努力があっても
良いと思うのだが。
まさか、新日鉄の経営者自身が「鉄は国家だ」なんて思っているんじゃないだろうなあ。頼むぜ!ほんとに。