ここから本文です

発行株数が少ないため、上がり始めると面白いと思います。値崩れた時、出来高が少ない時に仕込んで待ち伏せしましょう。業績は好調なので、PER(株価収益率)から考えても、確実に戻り相場へ向かう銘柄だと思います。