IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

『それは2020年3月期の決算発表時に未定としていたのに、その2週間後に発表された今期予想にも言える。』

コロナの事態が刻々変化していたのに、何故決算発表の2週間後に今期予想を発表したのか?

[東京 1日 ロイター] - 6月の国内新車販売(軽自動車を含む)は、前年同月比約23%減の34万7371台だった。東日本大震災後の2011年6月(35万1826台)よりも少なく、同月として過去最低となった。新型コロナウイルスの影響で生産が一時休止した上、受注活動が難しい状況も続いたが4─5月に比べれば減少幅は縮小し、7月以降は回復基調が続くとの見方も出ている。

新車販売台数は、日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国軽自動車協会連合会(全軽自協)が1日に発表したデータを足し合わせた数値で、9カ月連続で前年同月を下回った。外出自粛で来店が鈍ったほか、海外からの部品調達の遅れで生産が一時的に休止に追い込まれ納車までに時間がかかっているケースがみられた。

ただ、減少率でみると6月は22.9%で、4月の28.6%減、5月の44.9%減からは回復傾向にある。