ここから本文です

この会社が10年後にもあると考える理由、まず瓦屋根が日本から消えることはないだろうということです。いくつかの競争力のない会社が淘汰されることはあっても、すべてなくなることはないでしょう。
そしてもう一つは、新たな商品開発を継続していることです。スーパートライWallのことを批判的に見ている人も多いようですが、焼き物で寸法精度を出すというのは簡単なことではないだろうと思います。こういった技術はいずれ新たな需要を生み出すと考えています。コストダウンは少しづつでも需要があれば進むでしょう。それが技術の蓄積にもつながります。