ここから本文です

Quant虐殺(momentumのselloff)は、次のステージに
5344は長期shortにおかれてきた。20日、60日移動平均線乖離は日平均-0.5%に対して、σは8%もあった。
 
米株のvalue rotationのmeanへの回帰 は、global市場を巻き込み、10月まで長期に続く。 
 - a historic rotation: momentum factorから value/low vol stocksへ
 - momentum selloff (Tech, Defensives)とshortの(Cyclicals, Value)のカバーは(history的に)75%が終わったが、まだ数週間ゆっくりと追加のまき戻し解消が進む。
 -  long leg selloff は1σのイベントに対し、short legラリーは4σの出来事
 1999年以降で longとshort leg converの1σ以上のイベントは、7週しか起こっていない。

もうひとつのmomentum の血の海の歴史的な動きはいつ終わるのか。
  =>長く数ヶ月のレジーム・シフトになる。
① volatility (VaRs) ② P/L  ③ the calendar  ④ fundamentalsから分析される。
 - まき戻しによりquant P/Lをもっと下押し押して、市場の流動性とマーケットメーキングを大きく減じる
 - 高いポートフォリオ・ボラティリティ(VaR)がとれるriskを減じ、レバレッジを下げ、VaR制限を厳しくする。
 - 投資家センチメントが悪化して、下押ししてもリスクをとる能力が低下する。
 - 長期債ロングのCTAs や Risk Parity funds は債券利回りが上昇し続ける限り、売らなければならない。
  =>債券利回りが上昇は、ショートの買い戻しValue と収益悪化のmomentumを悪化させる。
 - もっと大きくロングを売ってリスクを外すことで、幅広な市場と投資家の収益を下押しする。4Q2018のリプレイのように。
 
selloffの期間は26%続いたが、価格のmedianへのまき戻しでは75%動いた。
中央銀行は、S&Pの666への歴史のmean 回帰の動きをどのくいらい遅らせるか。