ここから本文です

アサヒ衛陶 西日本新聞より
支払った電気代の一部が福岡市中央区の繁華街「親不孝通り」の振興に使われる電気料金プランが登場。
住宅設備メーカーで新電力販売代理店でもあるアサヒ衛陶と業務提携を締結し、9月1日から販売を始めると発表した。
契約者に新たなコスト負担はなく、電気料金は個人宅で5%安くなる見込みで、沖縄の離島以外は全国で契約可能。
当面は1000件の契約が目標で、寄付金は親不孝通りのイメージアップのためのイベント資金や、社会貢献のために使われるということです。