IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

工作機械の受注の回復が鮮明だ。日本工作機械工業会(東京・港)が23日発表した2月の受注額は1055億円と、前年同月に比べ37%増えた。けん引役は中国向けだ。受注額は前年同月の4.1倍となり、34カ月ぶりの高水準だ。