ここから本文です

燃料電池、マイクロナノバブル発生機、研削砥石、陶磁器類…

話題性にはなるが、世界的に購買意欲が湧き需要に繫がる製品類なのか?
っと感じてるのは私だけでしょうか…(?_?)

高度成長期の産業経済時代は、どれも需要があったかも知れませんが…

これからの情報化時代に期待出来るのは、セラミックと半導体素子やペースト部門か電気自動車部品のベアリング類でどれだけ世界市場シェアを獲得出来るのか…
経営戦略はいかに?

外部要因的な下方修正の報告より、将来のビジョンと目標期限や遂行計画性を我々投資家に、もっとアピールして欲しいです。

新開発の燃料電池事業への出資比率5%を出しても、あくまで需要あっての売上ですからね。
自己満足の新開発にならぬ様に、時間をかけてでも市場需要をリサーチして造り込み「いかに売れる事業にするか」を期待しています。


もし現在、老舗安定のぬるま湯に甘んじた古い会社体質であれば、これからのスピード情報化時代の荒波を航海するのは厳しくなるのでしょうね。

厳しいコメントで大変恐縮ですが、ノリタケを応援する📣皆さんの期待に応えられる様に日々邁進願います。

がんばれ〜老舗企業ノリタケ!
去れ! 悪操作の機関投資家。
放置するな監視屋!