ここから本文です

業務提携株主にとってプラス。
両経営共危機感を持ったと
言う事。
今後は、東京の同業の会社共に色々な提携、アライアンスの可能性も出てくる。じっくり見守りましょう。