ここから本文です

三谷セキサンは昨年末に日経新聞で取り上げられ、今年に入って株式新聞で結構大きく取り上げられていたことが株価を強く後押ししてますね。
三谷セキサンの株価は4000円近くです。5年チャートを見ていただければわかりますが1500円ぐらいから上げ下げはありますが、トレンドとしては右肩上がりで三谷セキサンをここ3,4年持っている株主はホクホクでしょう。
日本コンクリートは残念ながらその正反対です。3,4年前の電線地中化相場で500円以上まで上がったのですが現在はほぼ半分の株価になっています。
では業績はどうかというと、変化率は前期まではむしろ日本コンクリートの方が良いのです。三谷セキサンは凸凹がありますが、日本コンクリートは5年前から利益は毎年増益を続けていました。

チャートと業績を確認してください。ほかのコンクリート企業もほぼ三谷セキサン型で順調に株価は増えています。トーヨーアサノとかジオスターのように最近急騰しているところもありますが。

要するに日本コンクリートの株価だけ他のコンクリート企業と違い不当に低い株価、いや異常に低い株価に置かれているということです。

非常に不思議な株価なんです。