ここから本文です

>>979

ここは同族経営の弊害が表れてるような気がします。
昨年株主総会に出席し(たった一人だけの質問者でしたが)
もうちょっと質問しようとしたら、他の質問者にもと言われさえぎられてしまった。

そのときの質問は

アスロックを何十年ぶりに多分ものすごいお金と経営リソースつかって
全面リニューアルしたのは評価できるが、一方で材料費、燃料費、運送費など
高くなり原価上昇によるコストアップ懸念がすでに出ている。
アスロックは今までよりも、高機能化・性能アップを図ったならばそれに見合った
価格改定も併せて行うべきではないか?
価格政策に疑問有るし、薄利多売化・コモディティ化するし、品質保証も大丈夫か?
と質問したら、バカ社長に一笑された。

その時、株主提案するつもりで300単位ちょっと保有していたが
失望して200単位売却した。
やはり、自分の直感を信じて全部売却すべきだったともう反省中です。あはは

やはり、経営陣の入れ替えと、買収対策の放棄が必要ですね。