IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

騰勢が続いたテレビ向け液晶パネルの取引価格が約1年ぶりに下落に転じた。巣ごもり需要に伴うテレビ販売が一服し、中小型テレビ向けの指標品では7月の大口取引価格が前月より1%ほど安くなった。昨年の品不足を受けて大手パネルメーカーが増産し、逼迫感が薄れた。パネルメーカーは高水準の稼働を続ける見通しで、大型向けも値下がりに転じそうだ…

続きはソース元で
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC21BLG0R20C21A7000000/

関連ソース

21年7月パネル価格、TV用の一部で下落 WitsView調査
http://www.emsodm.com/html/2021/07/21/1626836723015.html

関係あるのかな?