ここから本文です

今回は、輸出管理強化であって、禁輸措置ではないので、手続き(輸出品目に対する民生目的の確認)が滞りなく進めば、輸出はされる予定。

乱暴な表現をすれば、今までラフな格好で入れた高級レストランが、フォーマルな服装でなければ入店できなくなったみたいなもの。

そう考えると、現時点で起こりうる経済的悪影響は、本来は大した事ないはず。

実は、文政権も、それを認識しているから超強気姿勢なのでは?

逆に、韓国民の反日感情と国際的な同情(?~苦笑)を広めるのに利用されている様に見える。

それは、日本の次なる一手への牽制なのだろうが、安部政権が更に踏み込む覚悟(本物の報復措置の実行)があるのかを試されている気がする。

一部の韓国民による、(大規模に映る?)反日デモ・日本製品不買運動・日本への旅行自粛・日韓民間交流の自粛等に、必要以上にビビる事はないと考える。

先にケンカを仕掛けてきたのは紛れもなく韓国側だから。

もし、ここで中途半端に引いたら、韓国の日本に対する見方は更に片寄ったもの(強気でゴリ押しすれば、最後は折れてくる~)になると危惧する。

PS~しかしながら、現状の安部政権の閣僚や周りの官僚達が、熾烈な競争は別にして、殴り合いのケンカをした経験など乏しい気がします・・・。

せいぜい、今回の様な知的な嫌がらせぐらいなのでは?

ここから先は、『ケンカ慣れした人』が対韓戦略に必要な気がすると同時に、噂されているカードを巧妙且つ大胆に使って欲しいと考えます。

正直な所、ケンカ慣れの点では、韓国の方が一枚上手なのかもしれませんが、日本側の手持ちカードが豊富なのであれば、絶対この勝負を乗り切って欲しいと思います。

重要なのは、LGディスプレイの業績が悪化して、日本電気硝子にも悪影響が出そうなカードなのですが、それが表に示された時は、勝負の結果が早急に決まるのでは?と想像しています。

(連投&スレ汚し失礼しました)