ここから本文です

有沢製作所が11月7日に発表した2020年3月期中間決算の経常損益は1,440百万円、事前の会社側の予想値1,650百万円を12.7%下回る水準。また同日発表された業績予想によると通期の経常損益は前回予想(3,400百万円)から下方修正され、25.5%減益の3,200百万円を予想、IFISコンセンサスを5.9%下回る水準。前期の経常利益が4,297百万円なので、これは苦しいよね。