ここから本文です

これだけ荒れても大きく下がらないということは、短期保有者はもう少し上を狙える可能性があるということ。理由はよく解らんが、新しい大口が保有したから?前々号の四季報で言及されていた買収が密かに進行中で、その情報を手に入れているインサイダーの連中が買っているから?まあ、短期勝負者たちの幸運を祈ります。