IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>207

今回の早期退職キャンペーンを深読みしてみる

GOODLUCK part2として限定復活します。

板硝がなにをしようとしているのか?
この数年の動きから「幕引き」を確信しましたので整理します。
あくまで私見なので、投資は自己判断で頑張ってください。
どうかみなさん、損されませんように。

<5つの予想>

①急ぐ早退キャンペーン、特損会計スケジュール
 2/12応募締切→退職者数確定→割増退職金総額決定。
 3月末時点で特損処理完了し、幕引き業務へ展開する。
 急に慌てているの理由、それは「幕引き」です。
 
②何人やめるか?特損の規模は?
 結局辞めずに残っても、身売り後レイオフされると読むはず。
 800~1000人規模が退職すると思われる。
 ほぼワーカーだけ残る形か。
 「800名×割増1000万円=特損80億円」のキャッシュが必要。
 退職者1000名=特損100億円が必要。

③原資は?
 早退特損の原資はSMBCにつなぎ融資。
 そして最後の虎の子「スペシャリティガラス事業」
 これは売却先があると思われる。
 この売却益が特損の補填になると思われる。
 おつりはもちろんSMBCが回収か。

④早退キャンペーンはメインバンクの債権回収。そして会社清算!
 SMBCとしては債権回収プランしかやることが無い。
 融資焦げ付きの最小化が銀行屋の仕事。
 会社は身売りになると思われる。
 買収先は最大手のサンゴバンあたりか。
 買い叩かれ、「製造&流通拠点のみの価値」になると予想。

⑤いつまでに株を処分すべきか?
 遅くとも2月末までに売り逃げるべきと思う。
 上場廃止&売却情報がでた時点で株価は暴落するので要注意。

私はインサイダーでもなんでもありません。
CEO/COO、銀行系MG職はやることがこれしか残ってないww
なぜならば経営立て直しがノープランだもの!
板硝・PILKSが自力再建するのは不可能です。
そのような人材はいないし、気力もない。終わっています。

さすがに私も2月中にサヨナラしようと思い、限定投稿しました!

それではみなさん、GOODLUCK!