ここから本文です

東証の市場区分再編に絡んで、フコクは対策を検討し始めたのだろうか。
一刻も早く取り組まないと、一部上場というステータスを失うことになる。

現情報によると、時価総額250億円以上が最大ポイントになりそうだ。
創業家はこのままでは、MBOも視野に入れざるを得ない。
ワイパーブレードの名門が、市場から去るのは忍びない。

株価上昇のぽポイントは、業績向上が最大であるが、その他にもやることはいくらでもある。
海外戦略、国内の生産性向上が軌道に乗っていない。

内部留保を効率よく使い、自社株買いや増配、またM&Aにも取り組んで欲しい。
今回の株主総会での、経営陣の意気込みを知りたい。

いい加減い目を覚まして下さい。