ここから本文です

本日、2月27日(水)
https://finance.yahoo.co.jp/cm/message/1005184/a5ka5aa5ja5s/4/106

前回の投稿は、昨年の9/7(金)2,490円、今日の終値は1,892円、▲24%の下落率。

株価の推移を見ると、昨年の1月から下落を続け、今年の1月から、横ばい状態を継続している。
これ以上の下落は無いだろうと楽観的に考えている。

2018/01/15 Max 3185円
2018/12/25 Min 1775円
値幅▲1410円、下落率▲44.35
物凄い下げを演じたものだ。

ヒボナッチ的に考えると
0.236戻し:2108円
0.382戻し:2314円
0.005戻し:2480円

2000円の大台戻しさえ、達成していないとは情けない。
業績はそんなに悪いのだろうか?
http://www.nichirin.co.jp/ir/ir_9_kessant/201804_kt.PDF

2月14日、2018年12月期(前期)決算を発表、同時に、今期(2019年12月期)の業績予想を開示。

前期:増収(+5.1%)、減益(▲0.8%、▲1.4%、▲4.9%)

今期:微減収(▲0.6%)、減益(▲11.2%、▲10.7%、▲5.2%)

◎今期業績予想に対する経営指標
▽通期予想EPS 306.7円
▽実績BPS 2241円
▽予想Div 30+30=60円(POR 19.6%)

◎投資指標(株価、1892円)
▽予想PER 6.17倍
▽実績PBR 0.84倍
▽予想利回り 3.17%
 優待含む3.70%(12月QUO1000円)

例え、今期の業績予想が減収・減益だとしても、投資指標から見ると、物凄い割安に放置されている。
何か、懸念材料が潜んでいるのだろうか?
こうなれば、平均買値を下げようか。

2/27(水)1,892 前日比-19(-0.99%)