ここから本文です

藤倉ゴム
産業用資材は増収確保。電力・情報通信などのインフラ工事用部材は受注順調。引布加工品は堅調。加工品部門が牽引。19.3期通期は売上横ばい見通し。株価指標は割安感が強く、今後の株価は下値の堅い展開を想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3期連/F予/33,800/2,000/1,900/1,500/64.11/14.00
20.3期連/F予/34,200/2,200/2,100/1,600/68.39/14.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

国土強靭化銘柄、災害対策銘柄