ここから本文です

東京建物は、所有ビルの非常用備蓄品として、藤倉ゴム工業が開発した携帯電話充電用電池「Watt Satt(ワットサット)」の設置を開始した、と発表した。
フル充電でスマートフォン30台、50%充電(1台あたり30分充電)で60台充電できる。
 東日本大震災による停電時には、首都圏でも帰宅困難者の多くが携帯電話の充電切れや充電器の売り切れに直面したことから、入居テナントの安全・安心に向けて非常用簡易発電機として導入する。

今年は、家庭用にコンパクト化して発売する。
スマホなら3台可能にした非常用備蓄品

春かな??