ここから本文です

機関投資家がここに着目しないのは・・
結局投資家と称しながらしょせんはサラリーマンって事かなと思う。
低金利の社債、
かなりヤバい会社の社債に訳も分からず投資w
一方で、潰れる可能性がほぼ皆無の会社の株に投資して配当利回りを得ようとしないw

機関投資家、特に日本の銀行は終わっている感が強いですね。
そのお陰で、個人投資家(資金に余裕があって、慌てて売る必要が無い人)にとっては、安値=高配当利回りで優良株を買えているのです。

株価が上がらないのは、
アホな機関投資家がいるからで、
また、高利回りの配当を享受出来ているのは、
アホな機関投資家がいるからですw

両方を得るのは難しいですねw